【必見】Uberで超効率的に稼ぐ方法!

高時給だと聞いていたのに、意外と稼げないと思っている方はいませんか?

今回はより効率的に稼ぐための方法を記載しておきました!!

車両について

1.原付やスポーツバイクで配達する

ママチャリやレンタサイクルで配達すると、原付やスポーツバイクと比べて移動に約1.5~2倍ほど時間がかかりました。

移動時間の短縮は効率アップにつながります。また、疲れも軽減されるでしょう。


2.きちんと整備をする

きちんと整備をしていないと途中で故障したり、車両のパフォーマンスが低下して効率が下がります。私は移動中に変速機が故障してしまい、修理に金と時間を要してしまいました。空気入れや油さし、定期点検などで事前に故障を防ぎましょう。


3.移動を効率的に

もしあなたが郊外に住んでいて、自転車で配達を行っている場合、自走で需要の高い場所に行くのではなく、輪行して向かった方が効率的かもしれません。目的地までの疲労がたまることが無く、その後の配達をスピーディーにこなせます。また、乗り捨て可能なレンタサイクルを借りるのも良いでしょう。


4.明るいライトを買う

夜間は暗いので安全のためにライトを使用しますが、そのライトが暗いと事故やケガにつながりかねません。また、明るいライトのほうが鮮明に前方を照らせるため、安心して配達することができます。オススメは400LM以上のライトです。


5.スマホホルダーを使う

スマートフォンを片手に持って配達を行うと、どうしてもスピーディーに配達できず、安全性も損なわれます。そこで、自転車にスマホホルダーを取り付けましょう。


配達について

1.クエストを有効に使う

週末は以下の画像のように【4回配達すると400円ボーナス】のような任務が頻繁に入ります。もしフルで達成すると、一日で通常の給与に数千円ほど追加でお金がもらえます!ぜひ活用してみてください。


2.遠い時はキャンセル

配達依頼の店舗までの所要時間が3分ほどの場合はラッキーですが、時々10分を超えるようなことがあります。そのような場合、店舗までの移動でかなり時間がかかるため、事情がない場合はキャンセルする事も大切です。3~4回に一回ほどキャンセルしていますが、いまのところ特にペナルティはありません。


3.時間制限クエストと効率的に消化する

長距離の依頼は単価が上がるため普段は嬉しいですが、回数をこなす必要がある時は大変ですよね。そこで、狭い範囲に多く展開しているチェーン店の依頼が来る場所で粘っています。東京の中心部に行くほど専門店が多く、高所得者が遠くから注文している気がするため、専門店が少なくチェーン店があるような場所で稼働しています。例えば、山手線の外側の街道沿いがねらい目な気もします。


4.客層を考える

Uber Eatsを使う人はどのような人か考えたことがありますか?主に20代の若者やタワーマンションに住む高所得者です。また、時間帯によっても客層は異なります。それらの事を踏まえて配達エリアを選ぶことが高時給につながります。


5.ピンずれを事前に予測する

Google Mapでナビをした場合、ほぼ確実にピンがずれるので、目的地の300mほど前からUberのアプリを見ながら配達するようにしたところ、ピンずれによるロスがかなり減りました。


6.食事は十分に、需要の少ない時間に取る

需要がある時間帯に食事をとると、その時間の配達のチャンスを逃してしまいます。そこで、昼は15時以降、夕食は22時以降に取るようにしています。ただ、食事をしないとハンガーノックになってしまうため、ポケットに補給食を入れておくと良いでしょう。私のオススメはコンビニの4~5コ入りのアンパンです。一つ一つが小さいので食べやすいです。

イメージ

最後に

地域によって特色があると思いますので、あくまで私の感覚ですが、以上のことに気を付ければ、今より効率的に稼働できるのではないでしょうか?

長期休暇などはクエストの単価ブーストも上がるため、いつもより多く稼げますが、最近は特に寒いためドライバーの皆さんは体調にお気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です