ロードバイクで高時給
Uber eatsアルバイト

皆さんはuber eatsというものをご存知でしょうか?

前回のブログにもまとめましたが、一般の人が食品をデリバリーしてくれるサービスのことです。今回はその配達にロードバイクを使ったらどれだけ稼げるのかを検証します。

なぜロードバイクを使うのか?

uber eatsの配達をしている人の半数近くはDOCOMOのレンタル電動自転車を使用しているように感じます。しかし、レンタル電動自転車にはメリットとデメリットがあります


レンタサイクルのメリット

レンタサイクルのメリット
  • 自転車がなくても始められる
  • メンテナンスをしなくていい
  • 好きな場所で借りることができる
  • 乗り捨てできる
  • 電動なので坂がラクラク

レンタサイクルのデメリット
  • スピードが出ない(30km/hでアシスト停止)
  • レンタル料金がかかる(月額4000円)
  • スマホホルダー増設などの改造ができない


デメリットの感じ方は人それぞれですが、

例えば月額4000円×12か月=48000円

意外と高くつきます。そこで、普段から使用しているロードバイクで配達してみることにしました。


  • ロードバイクのメリット、デメリット


ロードバイクのメリット
  • とにかく速い
  • 軽い
  • レンタル費用がかからない
  • 長距離移動できる
  • 電池切れにならない
  • 改造できる

ロードバイクのデメリット
  • ロードバイク自体が5万円~30万円
  • 故障したら自己負担
  • 盗難のリスク
  • 前傾姿勢で料理を運ぶのに気を遣う
  • スタンドがないと意外と不便
  • 途中で帰れない

以上の点が挙げられます。速さと航続力は出来高制の給与に直結する重要な点です。スマホホルダー等もつけられるので安全です。ロードバイクで配達してる際はママチャリの方と比べて1.5~2倍のスピードで料理を運べます。一方で致命的な欠点もあります。まずは何といっても初期投資の高さです。本物のロードバイクは新品だと10万円以上するので、バイトの為だけではなく日ごろの運動のために購入するのがいいでしょう。また、スポーティーな乗車姿勢だと料理が傾いてしまい、運ぶのには苦労します。

以上のメリットデメリットがありますが、とりあえず自前のロードバイクで配達をしてみました。

ロードバイクで約40回配達してみた!!

・まずは、どのくらい働いたかをまとめました。

稼働したのは12月の平日午後と休日の二日間です。

配達回数42回
単純売り上げ¥21,800
プロモーション売り上げ¥8,602
稼働時間17.5時間
移動距離約180キロ
合計売上¥30,402

※プロモーション売り上げというのは、指定時間内に〇回配達したらボーナスをもらえたり、指定エリア内での配達料が1.1倍~1.2倍になったりする制度です。


筆者の拠点が都心から離れている影響で、都心に通う距離が加算されていますが、山手線の内側などに住んでいれば移動距離は120キロで済んだでしょう。ちなみに、180kmという距離は上野ー苗場スキー場(新潟県)に匹敵します。


・では時給は?

時給換算1730円
キロ単価168.9円


これが結果です。なんと


 時給換算1730円 

になりました。東京の都心でもこんなに高時給なアルバイトはそうそう無いのではないでしょうか?

まとめ

  • ロードバイクを持っている人は活用しない手はない!!
  • 一方、無い人はわざわざ買う必要はないかも
  • レンタサイクルにはレンタサイクルのメリットがある
  • うまく稼げば初心者でさえ高時給1700円越えも可能!
  • とにかく、ロードバイク乗りにはオススメの高時給バイト

ロードバイクって意外と維持費かかりますし、パーツも高いですよね。

社会人になってからは余裕がありますが、学生だとキツいのではないでしょう。しかし、uber eatsのバイトなら好きな時間に始められ、なおかつ高時給。トレーニングにもなります。私はやってみて正解でした。おそらく高校生でも働くことが可能なので、学生の方や副業で稼ぎたいという方、是非やってみてはいかがでしょうか?

Uber Eats 登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です