【簡単 高時給バイト】Uber Eats配達員の登録方法まとめ

まずはUber Eatsの説明です


Uber eatsとは
Uber eatsとは、米国の配車サービス「Uber」 が日本国内で展開している食品デリバリーサービスのことです。大都市圏の指定エリア内で専用アプリを使って近くの料理店のランチを簡単にデリバリーすることができ、若者やセレブを中心に普及している注目のサービスです。

このUber eatsでは、料理を注文する側だけでなく、配達員になることもできます。そして、その配達員の仕事はなんとシフトがありません!!

好きな時間、好きな日に稼ぐことができ、好きな時間に帰宅できます!!

シフト等の制約のあるパートやアルバイトと比べて超自由です(笑)

また、働いた分だけ儲かるという出来高制なのも魅力です。



 まとめると 
  • シフトなし
  • 好きな日に仕事ができる
  • 極めれば時給2000円越えもできる?
  • 服装、髪型制約ナシ


Uber eats配達員の登録方法

まずはUber Eatsの登録ページにて仮登録をします。

仮登録が完了しましたら、Uber driverアプリをダウンロードしてください。


Androidアプリはこちら iPhoneアプリはこちら

本登録

次に、お近くの登録会場にて本登録を行ってください。登録会場はこちらからお調べください。

登録会場を探す

登録会場でUberの方から仕事の説明と注意点が説明されます。簡単な手続き踏まえたのちに専用の保温バックが貸し出されます。※

専用の保温バッグを受け取ったらその日から働くことができます!

※貸し出されたバックは、保証として8000円ほど給料から引かれます。いきなり給料から全額引かれる事はなく、4週間にわたって2000円ずつ天引きされ、バック返却時に全額が戻ります。


さっそく稼ごう!

友人の紹介で仮登録を済ませた私は、さっそく秋葉原の登録会場で登録を済ませ、その日から稼働してみました!

稼働する方法は簡単です。

アプリを開き注文を受けるオンライン状態にします。

私の場合、オンラインにしてから約3分後、さっそく初めてのデリバリーの依頼が来ました。

画面上に配達依頼の通知が来るので、一定時間以内にその通知をタップすると引き受けたことになります。遠い場合など、キャンセルもできますよ。

ある程度の説明は登録会場で受けたものの、いざ初めてのデリバリーとなると緊張します。そこで、注文を受けた店内での流れを説明します。


店内での流れはこんな感じ

こんにちはー Uber eatsです

番号お願いします

〇〇〇〇〇〇です※

(※の部分の番号は注文を受けた際にスマホに表示されます。)

こっちが温かいもの、こちらが冷たいものです

了解しました。ありがとうございました。

ここで受け取った商品をバッグに収め、受取ボタンを押したら配達開始です。

よろしくお願いします。

たったこれだけです。コミュニケーションが苦手な人←でもできます。

とっても簡単なのです!

一部の忙しいチェーン店などでは、クルーの方が忙しかったりするので、店員さんに見える場所で待っていると出来上がったら向こうから声をかけてくれたりします。

最初は緊張しますが、一回配達すれば慣れます(笑)

今回はここまでです。次回は初心者の給料と、どのくらいの労働が伴うのかを検証していきます。


投稿が見つかりません。


Uber Eats 登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です